UA-86101889-1

ピッチングの基礎を学ぶ

ON LINE 会員制三角山ピッチングスクール

ピッチングの基礎①、基本となる体の使い方

calendar

reload

ピッチングの基礎①、基本となる体の使い方

①最も大事な関節は股関節

ピッチングでは全身を使って投げることが、大事ですが、このうち最も強力な動力源の中心は下半身の股関節です。

軸足では、股関節の伸展と外旋が大事ですが、前足側と軸足側の股関節は連動しているので、前足に意識を置いたほうが良い

前足側の股関節の外旋、伸展を素早く行うと、軸足側の股関節の外旋、伸展は反射的にスイッチが入るのがその理由である。また、軸足側の股関節の外旋、伸展を意識しすぎて早めに行うと、上半身、下半身ともホームプレート側に早く回転しすぎ(体が早く開く)て、手投げになってしまいます。

軸足側の股関節の外旋を強く行うには、軸足側の股関節の屈曲および、着地側(グラブ側)の足の内旋を保っておき(踵をホームプレート側に向けておく)、着地の直前で、着地側(グラブ側)の足を素早く外旋、伸展させると、軸足側の股関節は反射的に外旋、伸展されます。

②上半身で大事な部分は肩甲骨

肩甲骨は人体で最も可動域の広い骨で、鎖骨の一端にぶら下がった状態になっています。上腕骨は肩甲骨で関節を作っています(肩甲上腕関節)。肩甲骨の可動域を広く使うことが大事です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について