ピッチングの基礎を学ぶ

札幌三角山ピッチングスクール

フォロースルー時の軸足の跳ね上がりからの投球分析

time 2019/10/13

フォロースルー時の軸足の跳ね上がりからの投球分析

100mphの球を投げれて、肘、肩に大きな怪我をしたことが無く、参考にできる投手を選んでみました

①軸足の膝が高く跳ね上がるタイプ

例1  ヨルダノ・ベンチュラ 101mph

Yordano Ventura

例2 カルロス・マルチネス 98mph

Carlos Martinez
Carlos Martinez

②軸足の膝から先が高くなるタイプ

例1 クレイグ・キンブレル 98mph

Craig Kimbrel
Craig Kimbrel

例2 ノア・シンダーガード 98mph

Noah Syndergaard
Noah Syndergaard

フォロースルー時、軸足が高く跳ね上がる投手の共通点

  1. 軸足、着地側の足、いずれの膝も深くは曲げない
  2. 下半身主体で投げている
  3. 上半身の剛性が強く体軸として利用している
  4. 下半身の運動を効率よく上半身に伝えている
  5. 軸足の膝から先が高くなるタイプは、体の前傾が大きい

ヨルダノ・ベンチュラは惜しくも、母国ドミニカで交通事故により2017年1月に亡くなりました。カルロス・マルチネスもドミニカ出身で、二人とも身長は高くなく、二人とも公称6.0フィート、183センチメートルです。 カルロス・マルチネスも 速い球を投げますが、 ヨルダノ・ベンチュラ の方が速く、先発投手のフォーシームの平均急速では、トップか2位でした。2016年度はノア・シンダーガードが平均急速 98.0mph(約157.7km/h) についで2位、 96.1mph(約154.6km/h) でした。

私の投球フォーム1(キンブレル風)

キンブレルほど上体を前傾させない投げ方で、体の横回転主導タイプ

私の投球フォーム2 (ベンチュラ風)

上体の横回転と縦回転の両方を意識した投げ方で、ベンチュラのようにフォロースルーで右膝と右手が高く跳ね上がっています。瞬初的な体の使い方をするとこのようになります。

私の投球フォーム3  KV(キンブレル+ベンチュラ)

ベンチュラの投げ方の基本を習得した後、キンブレルのように投げてみたらこのような投球フォームになります。キンブレルほど上体の前傾は強くありませんが、軸足の膝から先が高く上がっています。また、フォロースルーでキンブレルには見られない右手の跳ね上がりが見られます。上半身の動きは下半身と連動させるので、下半身で投げる投球フォームと言えます。

頭もあまり上下左右に動かさないのでコントロール的にも問題がありません。

down

コメントする

カテゴリー

Count per Day

  • 539670総閲覧数:
  • 644今日の閲覧数:
  • 836昨日の閲覧数:
  • 329763総訪問者数:
  • 381今日の訪問者数:

UA-86101889-1
s2Member®