大リーグ最高の投手・ゲリット・コールのように投げる方法

ピッチングスクール

大リーグ最高の投手・ゲリット・コール

2019年度のシーズン後、アストロズから1年39億円の9年契約でヤンキースに移籍した投手ゲリット・コールは現在大リーグ最高の投手であると評価されています。

ゲリット・コール

2020年シーズンで29歳、身長193センチ、体重102キロ

通算成績

大リーグ7年間で、94勝52敗、防御率3.22、通算1336奪三振

今の所、大きな怪我をした経験がなく、このまま怪我なく投げ続けることができれば、大リーグの殿堂入りをする可能性は高いと思われます。

ピッチングの特徴

  1. 直球フォーシームの平均球速が97マイル台
  2. 直球フォーシームの 回転数が高い(2500rpm台)
  3. コントロールが良い(四球は1試合9イニングあたり2個程度)
  4. 頭の動きがボールリリースまで小さい
  5. 両膝の曲げ角度が小さい
  6. 投球側の肘の曲げ角度が少なめ
  7. 球種はフォーシーム、スライダー、ナックルカーブ、チェンジアップの順に多い

どうして球速が高く、コントロールが良く、怪我をしないのか?

その理由は無駄な力を使わない効率的な省エネピッチングにありそうです。下半身を効率的に動かして、結果として上半身を反射的に動かすピッチングと言えます。したがって、腕は意識的に振りにいかず、反射的に動いているように見えます。

ピッチングはシンプルなほうが良い

意識するポイントは3点

  1. テイクバックで肘を曲げすぎない(肘の靭帯に無理な力がかかる)
  2. 軸足側の膝を早く曲げすぎない(位置エネルギーのロス)
  3. 着地側の膝は軽く曲げて着地後、ゆっくりと伸ばす(膝頭は動かないようにする)

最初の2点は慣れてきたら、すぐに意識せずにできるようになります。最終的に意識するのは3番目の点です。

コメント

  1. film modu より:

    Everyone loves it when people get together and share opinions. Great website, continue the good work. Stevana Sayers Stanislaw

タイトルとURLをコピーしました