ピッチングの基礎を学ぶ

札幌三角山ピッチングスクール

理想のピッチングフォーム選び

time 2019/06/04

理想のピッチングフォーム選び

自分に適したピッチングフォームの選択はなかなか難しい

自分の筋力、体の柔軟性を含めた体の身体能力により、選択できる投球フォームは限られてきます。

自分の求める投球フォームのタイプ

  • 1 コントロール重視
  • 2 スピード重視
  • 3 スピードとコントロールのバランスが取れたフォーム
  • 4 省エネルギー型で スピードとコントロールのバランスが取れたフォーム

 腕の角度による 投球フォームのタイプ の分類

  • 1 スリー・クウォーター
  • 2 サイドハンドに近いスリー ・クウォーター
  • 3 サイドハンド
  • 4 アンダーハンドに近いスリー・ クウォーター

スプリット・フィンガー・ファーストボールを投げたい人は、1 スリー・クウォーター が向いていますし、スライダー、ナックル・カーブで横の鋭い変化を求めるにはサイドハンドに近いフォームが適しているようです。

有名な投手をお手本にする際の注意点

形だけ真似てもうまく行きません。真似できるのは体の動かし方であり、それも一部分に限ります。すべてを真似するのは現実的ではありません。身体能力に違いがあるので、自分に適した投球フォームを目指すべきです。出来上がった投球フォームはお手本とは違ったものになるのが自然かもしれません。自分らしいオリジナルのフォームが成功の秘訣かもしれません。

スピード重視 の投球フォーム

大リーグ新速球王 ジョーダン・ヒックス

大リーグ最速の投手と言えば、アロルディス・チャップマンでしたが、昨シーズン新速球王が誕生しました。米大リーグ、カージナルスの“速球王”ジョーダン・ヒックス投手です。ヒックスは今シーズン2019年メッツ戦で、今季最速となる104.2マイル(約167.7キロ)をマーク。昨季2018、人類最速タイの105.1マイル(約169.1キロ)をマークしています。

ヒックスの人類最速ピッチング2019  105.1マイル(約169.1キロ)

ヒックスの2018最速のピッチング  104.2マイル(約167.7キロ)

down

コメントする

カテゴリー

Count per Day

  • 368655総閲覧数:
  • 1207今日の閲覧数:
  • 1084昨日の閲覧数:
  • 226401総訪問者数:
  • 708今日の訪問者数:

UA-86101889-1
s2Member®