ピッチングの基礎を学ぶ

札幌三角山ピッチングスクール

菅野投手の投球フォームの進化

time 2019/01/17

菅野投手の投球フォームの進化

キックバック

着地側の脚の使い方は軸足の使い方よりも大事であることは、大谷投手の記事でも述べましたが、菅野投手もそのことに気づき、投球フォームが変化しています。きっかけは、2017年のWBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の固いマウンド対策の副産物だそうです。大谷投手にもみられる着地側の足を強く蹴って、脚が後ろに後退する動きのことでキック・バックというそうです。

中学3年生で軟式史上最速の150kmを投げた選手もキック・バックを取り入れたフォームをしています。
 高知中の森木 大智投手(3年)です。

脚が後ろに後退する動きが目に見えなくても,着地側の脚の膝を素早く伸ばす動作は、広い意味のキック・バックと言えます。実際には、下半身の他の部分、足関節の伸展も使っています。着地側の拇趾球で地面を蹴ることが大事なのかもしれません。

キック・バックは骨盤の縦回転、横回転を生み出しているという見方もできます。その骨盤の回転の動きが上半身へと、最後は投球側の指先へと伝えてゆくのが運動連鎖ですが、実際には反射的に無意識に行なわれるようになります。

down

コメントする

カテゴリー

Count per Day

  • 428937総閲覧数:
  • 1188今日の閲覧数:
  • 1331昨日の閲覧数:
  • 262649総訪問者数:
  • 752今日の訪問者数:

UA-86101889-1
s2Member®