ピッチングの基礎を学ぶ

札幌三角山ピッチングスクール

軟式で変化球を投げてみた(フォーシーム、ツーシーム、スプリッター)

time 2019/06/01

軟式で変化球を投げてみた(フォーシーム、ツーシーム、スプリッター)

軟式でツーシーム、スプリッター(スプリット・フィンガー・ファーストボール)は投げれるのか?

原理的にボールの落ち方は小さい順から、フォーシーム、ツーシーム、スプリッターとなります。

フォーシームとツーシームはボールのバックスピンに大きな違いはありませんが、ボールの縫い目がフォーシームでは4つ、ツーシームでは2つ、なのでフォーシームの方がマグヌス効果が大きくなり、揚力が大きくボールが重力による落下を妨げます。

ツーシーム では、 縫い目が半分なので、 揚力が半減しますので重力による落下がより目立ちます。

ツーシーム、スプリッター とでは縫い目は両方とも2つですが、 スプリッター ではバックスピンがかかりにくいので揚力が小さくなりますので、3つの球種の中では一番重力による落下が目立ちます。

フォーシーム・グリップ
ツーシーム・グリップ
スプリット・フィンガー・ファーストボール・グリップ
フォーシーム four-seam


ツーシーム two-seam
スプリット・フィンガー・ファースト・ボール splitter

down

コメントする

カテゴリー

Count per Day

  • 428962総閲覧数:
  • 1213今日の閲覧数:
  • 1331昨日の閲覧数:
  • 262664総訪問者数:
  • 767今日の訪問者数:

UA-86101889-1
s2Member®