2017-09

MLB

2017シーズン、大リーグでホームランが増えた背景(強く、アッパースウィング) 

2017年度、大リーグではホームランが量産されている。大リーグ全体のホームランの数で新記録が生まれました。ボールが飛ぶボールに変わったのか、投手よりも打者のほうが進化したのか。大きな要因は2015年より大リーグに導入されたスタットキャストstatcastにありそうです。
MLB

大リーグ・プレイオフ(ポスト・シーズン)の仕組み

大リーグ・プレイオフの仕組みについて 大リーグでアメリカン・リーグとナショナルリーグの各優勝チームが、7試合制で戦うのがワールドシリーズです。そして、4勝先にしたチームがワールド・チャンピョンです。 昨年までは、その年のオールスター・ゲームに勝ったリーグの優勝チームが相手リーグよりも日程的に有利な立場に立てました。2017年度はアメリカンリーグが延長戦の末、2対1で勝ちました。しかし、今年はルールが変わりました。その内容が、wikipediaに書かれています。
コーヒーブレイク

コーヒーは野球選手に良いのか?

スポーツ選手も、活躍したい人はコーヒーを飲むと有効らしい。コーヒーは糖尿病を予防しますので。糖尿病になると反射神経の働きも悪くなります。それだけではありません。コーヒーに含まれているカフェインは筋肉の収縮を強化する作用がありますので、瞬発力が高まります。試合の前に飲むと効果的です。野球の選手でいえば投手です。
ピッチング

ピッチングの法則①、新ステージ(3段階)分類

ピッチングをいかにシンプルにするかは重要な部分です。従来の分類よりも、新たな3段階分類を提案します。こちらの方が直感的でわかりやすいと思います。
ピッチング

肘は下がっても上がっても悪いらしい。では、どうすれば良いのか?

ピッチングの際、肘は下がりすぎては怪我をするとよく言われる。一方で、ヤンキースのマー君のように肘が上がり過ぎてもいけないらしい。投手の初心者にとっては紛らわしい表現である。では、いったいどうすれば良いのか。答えは、野球の歴史を振り返り、ニュートン力学を応用すれば見えてきます。当ピッチングスクールにはその答えがあります。
MLB

クレイトン・カーショーの投球分析

クレイトン・カーショーはドジャースの左腕エースで大リーグを代表するエースで、大リーグ史上でも数々の記録を残しています。腰のヘルニアの故障が最近、気になるところですが、故障さえなければ、大リーグ殿堂入りは間違いがないでしょう。
タイトルとURLをコピーしました