2018-04

ピッチング

テイクバック逆Lでは肘が上がらない、肩の外旋が速く大きくなる

肘が一番高く上がるポジション 肘が一番高く上がるポジションは肩甲骨平面で前腕がコッキング(地面ではなく空を向いている)される姿勢です。 この状態は肩関節が90度外旋された状態です。 肩関節に最も無理なく最大外旋させるには、実際自分で試して見ると、整形外科学で使用される用語であるゼロポジションの角度が良いようです。
MLB

理想の投球フォーム(大リーグで300勝するにはコントロールが重要)

大リーグで300勝以上挙げて、殿堂入りする投手の特徴 ①コントロールが良い 勝利数上位10位以内の投手はすべて3.0を切っています。 ②スピードとコントロールのバランスが良い スピードがなくても、あっても両者のバランスが悪いと、なかなか300勝を超えられません。 ③怪我をしにくい投球フォーム(肩、肘に負担がかからない)
MLB

スプリット・フィンガー・ファスト・ボール、フォークボールの歴史

スプリット・フィンガー・ファスト・ボール(スプリッター)は大リーグで1980年代に大流行した球種 その発案者はフレッド・マーチンで教え子ブルース・スーターはスプリッターをマスターし、大リーグの野球殿堂入りも果たしました。 スプリッターの親にあたるフォークボールはブリット・ジョー・ブッシュ、ルーブ・マーカードの発案
タイトルとURLをコピーしました