2018-05

MLB

江川 卓とトム・シーバーの共通点(右膝が地面に着きそうになる)

江川 卓とトム・シーバーの共通点 両者とも重力の位置エネルギーをホームプレート方向への運動に変えています。 軸足(右側)側の膝関節をあまり曲げないで、ホームプレート方向に、重力の位置エネルギーを利用して重心を移動させています。そして、右膝が地面に着きそうになります。重力の位置エネルギーを最大限利用しています。
MLB

ピッチングの基本について考える(初心者に最適な投げ方とその応用)

まとめ ピッチング初心者は、肩関節の可動域が狭いのでスリー・クウォーターぐらいの腕の角度で投げるのがお勧めである。 体の縦回転と横回転をバランスよく使う投げ方になります。 上体の胸を張り、肩甲骨を後ろに回転させることで、上腕の外旋可動域の狭さを補うことが有効です 上体は最初少し後傾(右肩を下げる)させたほうがコッキング(右腕の前腕を地面に垂直に肩の高さぐらいまで上げること)が楽に行えます。 前足を着地する直前に、膝を伸ばし蹴るようにすることで、軸足の蹴りが反射的に行われます(ピストルの発射、ロケットの噴射の原理により)。 前足を着地させたとき、上体はホームプレート方
タイトルとURLをコピーしました