ピッチング

MLB

大谷 翔平投手の投球分析

ピッチングの特徴 ロングストライド低重心上体の前傾姿勢着地側の脚によるブレーキ効果 100マイルを生み出すもの 重心移動のスピードが速い 重力による位置エネルギーを有効に重心移動のスピードに変えている脚力が強く、体...
MLB

両手投げ(スウィッチ・ピッチング)

大谷翔平選手の2刀流は大リーグに衝撃 2018年度の大リーグの新人王は圧倒的な大差で大谷翔平選手が選ばれました。100年前のベーブ・ルース以来の快挙で、オープン戦での成績からはまったく予想できない結果で大リーグに衝撃を与えました。 ...
MLB

ピッチングの基本、下半身で投げる

スピード、コントロールに必須の下半身を使ったピッチング 以下に述べる事は、ピッチング理論の追及のため、私が昨年から実際にボールを投げ始め、感じたことをまとめたものです。今年は仕事の際の肩の怪我のため、右手で投げ始めて2ケ月目で、昨年からの合...
MLB

江川 卓とトム・シーバーの共通点(右膝が地面に着きそうになる)

甲子園の元祖怪物と言われた、作新学院出身で元巨人軍の江川卓投手と、大リーグで300勝を達成して、投手としては大リーグ最高得票率98.84%で殿堂入りしたトム・シーバー投手との共通点 江川投手は大学2年のときに、肩の骨に疲労骨折を負い、...
MLB

ピッチングの基本について考える(初心者に最適な投げ方とその応用)

初心者はいきなり自分の憧れのプロ野球の投手を真似してもうまくいかない 速球派投手で一度は真似をしたくなる投手の名前を挙げてみましょう。 頭に浮かぶ有名な投手は、アロルディス・チャップマン、クレイグ・キンブレル、ペドロ・マルティネス、ノー...
ピッチング

テイクバック逆Lでは肘が上がらない、肩の外旋が速く大きくなる

オーバーハンドスローでのオーソドックスなテイクバックとinverted(逆L、逆W、等)なテイクバックの比較 オーソドックスなテイクバック オーソドックスなテイクバックは前腕を両肩を結んだ面内で前腕を起こす方法です。 利点は肩関節の外...
MLB

理想の投球フォーム(大リーグで300勝するにはコントロールが重要)

大リーグで300勝以上挙げて、殿堂入りする投手の特徴 ①コントロールが良い ノーラン・ライアンだけが例外です。ノーラン・ライアンの四球率は一試合あたり4.7です。他の投手はすべて3.5以下で、勝利数上位10位以内の投手はすべて3.0を切...
MLB

スプリット・フィンガー・ファスト・ボール、フォークボールの歴史

スプリット・フィンガー・ファスト・ボール(スプリッター)は大リーグで1980年代に大流行した球種 スプリット・フィンガー・ファスト・ボールsplit finger fastballは略してスプリッターsplitterと呼ばれています。スプ...
MLB

ピッチングの基礎と応用

ピッチングの基礎 ピッチング(投球)とは腕を振ることではない 野球の解説で腕がしっかり振れているとか、腕をしっかり振れとか言っているのをよく聞きますが、誤解を招きます。指導者には使ってほしくない表現です。いわゆる手投げになります。 私なら、...
ピッチング

2刀流(左手右手両方でピッチング)は可能か挑戦してみた①

左右両手でピッチング 元祖2刀流といえばベーブ・ルース、現在では大谷投手が有名ですが、これはピッチングとバッティングの2刀流です。今回のテーマの2刀流は左右両手でピッチングが可能かです。 以下は、私が実際に屋外で壁投げをして挑戦して...
タイトルとURLをコピーしました