UA-86101889-1

ピッチングの基礎を学ぶ

ON LINE 会員制三角山ピッチングスクール

肘は下がっても上がっても悪いらしい。では、どうすれば良いのか?

calendar

肘が下がっていては本当に怪我をしやすいのか?

一方で、肘が上がったフォームは怪我をしやすい傾向がある


私が現在、思っていることについて述べたいと思います。投球フォームの早い段階から、肘を曲げて両肩を結ぶ線よりも高く構える投げ方の典型は、その形から、Inverted W(逆w)とかInverted L(逆L)、Inverted V(逆V)とかアメリカでは呼ばれています。

こういうフォームをしている投手は、短期的に良い成績は出せるのですが、従来のオーソドックスな投げ方よりも怪我をしやすいと言われています。確かに日本の投手でもアメリカの真似をしている投手はトミー・ジョン手術(肘の内側の靭帯、つまり内側側副靭帯、下図の水色の前束部、の再生術)をする人が最近多く見かけられます。

現在の投手は確かに球速は昔よりも速くなっているでしょうが、昔の投手は4マン・ローテンションが主流で、中3日(たまに4日)で投げていたのに、今よりも怪我をしていたという話は聞いたことがありません。昔の投手は先発したら完投するというのが主流で、シーズン300イニングから400イニング近くも投げていました。

投球フォームに大きな変化が起きた要因のひとつは、剛球投手ノーラン・ライアンのピッチングを手本にした本が出たことでしょう。良くも悪くも影響を与えたことは否定できません。
Inverted Wという言葉を生み出したのは、アメリカのトレーニング・用品(SETPRO)を開発、販売しているPaul Nyman氏で、ビデオカメラによる昔の速球投手の分析から、速球投手はInverted Wのフォームをしていることを発見し、共同開発者のTom House氏(元メジャー・リーグの投手)と一緒になって新たなピッチング理論を生み出しました。その理論を、Tom House氏はピッチングコーチだったテキサス・レンジャーズでノーラン・ライアン氏に指導しました。

その後、1991年に2人の共著「ノーラン・ライアンのピッチング・バイブル」が世に出て、多くの選手が真似たのが真相のようです。ノーラン・ライアン氏の投球フォームは40歳を超えてレンジャーズに移籍して、投球フォームが大きく変わりました。現在、私たち日本人が描いているノーラン・ライアンの投球フォームはテキサス・レンジャーズ時代のものです。

ノーラン・ライアンの投球フォームの変化(1979年エンゼルス時代(背番号30)と、1989年以降レンジャーズ時代(背番号34):レンジャーズ時代に右肘の靭帯が切れ引退した)

Paul Nyman氏はInverted Wは、クイックで投球するためのもので、多くの投球メカニズムの選択肢の一つだと、問題を指摘された際に回答しました。

クイックという意味では、Inverted Wはテニスのフォアハンドで言えば、肘からラケットを引くのに似ています。また、アンダーハンドの投手は、上体を前に倒すので、Inverted W、Inverted Lのようなフォームになりますが、肘を怪我した投手は多くはありません。

アンダーハンドやアンダーハンドの延長で、上体をもっと起こしてサイドハンドにする投手もInverted Wのように見えます。
kansas city royalsのリリーフ投手ダン・クイゼンベリー(dan quisenberry)

さらに、サイドハンドよりも若干オーバーハンド気味に投げる投手もInverted Wのように見えます。
剛速球投手ボブ・フェラー(bob feller)

昔の剛速球投手は大体が、オーバーハンドでも胸から上の体の使い方はサイドハンドと一緒です。
肩甲骨可動域が広いのですが、体の軸を倒す方向よりも、体の軸の回りを回転させるほうが速い動きが可能だからです。
Inverted W自体はそれを使う投手の使い方で良くも悪くもなるというのが真相のようです。Inverted W自体の長所は肩甲骨、肘から先のスナップを速くできるという長所もありますが、肘の内側の靭帯に大きな負荷がかかりやすいという欠点があります。Inverted Lも同様のことが言えます。

Inverted W(逆w)、Inverted L(逆L)の問題点

投球側の腕の前腕(肘から手首にかけての部分)が両肩を結ぶ線よりも体の前側に来て、前腕を立てるタイミングが遅れる

肘から先の前腕、手の重量による慣性により、肘の内側の靭帯が伸ばされるという負荷がかかる。純粋なサイドハンド(腕の角度が地面と平行)、アンダーハンドでは肘を早めに伸ばすので、肘の内側の靭帯に大きな負荷はかかりません。Inverted W(逆w)、Inverted L(逆L)のフォームで、さらにダーツを投げたり、肘を先行させるような投球フォームが問題になります。

ワシントン・ナショナルズのステファン・ストラスバーグの投球フォームの問題点

前足を着地したときに、前腕が地面に垂直近くに来ていない


以下は無料会員登録している方のページになります。

前足を着地したときに、前腕が地面に垂直近くに来ていない日本の一例

昨シーズン4月19日・日本ハム戦で左肘痛を発症し、同年7月に左肘内側側副靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた高橋朋己投手ピッチング分析

高橋投手の改善課題

有料会員登録している方のページの目次

肘が下がってはなぜいけないのか
肘が早くから上がりすぎるとなぜいけないのか
肘の高さの調節方法、アンダーハンド、サイドハンド、オーバーハンドで違う
結論:胸から上の腕の使い方……

s2Member®