UA-86101889-1

ピッチングの基礎を学ぶ

ON LINE 会員制三角山ピッチングスクール

ピッチングの法則①、新ステージ(3段階)分類

calendar

reload

ピッチングの法則①、新ステージ(3段階)分類

ピッチングの新ステージ(3段階)分類

ピッチングをいかにシンプルにするかは重要な部分です。実際のピッチングで投手が意識できるチェックポイントは少ないほうが望ましい。従来の形による細かな分類よりも、下半身の使い方に重点を置いた新たな3段階分類を提案します。こちらの方が直感的でわかりやすいと思います。

1934年、大リーグのオールスター・ゲームでナショナル・リーグ(ニューヨーク・ジャイアンツ)のカール・ハッベルは5連続三振という快挙を達成しました。その同じ年の秋、沢村栄治は大リーグオールスターチーム(アメリカンリーグのみから構成、ナショナルリーグの選手は不参加)から4連続三振を奪いました。下の映像は、このとき、ベーブ・ルースから三振を奪ったときのものです。

肘の高さは、カール・ハッベルのような純粋なサイドハンド(腕の角度が地面と水平)では、早めに肘が上がることに注目。クレイトン・カーショーのような腕の角度が地面に垂直近くなるような投球フォームでは、肘の高さはここまで高くしては腕が楽に回転していきません。

①クローズ1
前足(グラブ側)の足を上げ、前足を着地する直前までの段階

②オープン
時間的には一瞬で終わる段階で、具体的には股関節の外旋と伸展です。

③クローズ2
前足を着地してから、前足側の曲がった膝を伸ばし、前足側の股関節が内旋するまでの段階

詳しい解説は、有料会員のページになります。

s2Member®