ピッチングの基礎を学ぶ

ON LINE 会員制三角山ピッチングスクール

投球フォーム最悪の例

time 2016/11/05

Braves RHP Dan Winkler out indefinitely with fractured elbow
ブレーブスの右腕ダン・ウィンクラーは肘を骨折して無期限に退場

Apr 11, 2016 Associated Press
dan-winkler

Braves RHP Dan Winkler is helped off the field after suffering a fractured elbow during the seventh inning of Sunday’s game against the Cardinals. Dale Zanine/USA TODAY Sports
ブレーブスの右腕ダン・ウィンクラーは日曜日の対カージナルス戦の7回に肘を骨折し、みんなの力を借りながらマウンドを去りました。

Winkler fell to the ground before he could reach the Braves’ dugout and said he was thinking, “Not now. Not again.”
ウィンクラーはブレーブスのダッグアウトにたどり着くまでに地面に崩れ落ちました。そして、彼は「今は勘弁して、またかよ!」と考えていたのでした。
ウィンクラーは一昨年、肘を故障し、トミー・ジョン手術を受け、昨年は登板がなかったのです。今年、復帰した矢先に、もっとひどい怪我をしてしまいました。

Winkler said he “kind of felt something in my elbow” when throwing a slider but “didn’t really think much of it” until he was hurt on his next pitch.
ウィンクラーはスライダーを投げた時に何か異常を感じたが、気に留めていなかった。そして、その次の一球で怪我をしてしまった。

“I heard a crack,” he said. “I knew exactly what it was right when it happened. It didn’t feel good.”
「骨が折れる音が聞こえ、その時、すぐに何が起こったのかわかり、気持ちが悪くなりました」と彼は言いました。
dan-winkler-arm-blow-outwinkler-arm-blow-out-slow

投球フォームの欠点
winkler-arm-blow-out-slow_29

①早い段階で右肘を上げ過ぎ

②その結果、右肘は上がって来ず、右肘は水平面上を回転

③右肘の関節に力が入っている

対応策

対策1

正しいサイドハンドのように右肘の関節をフリーにする(レイバックが起きない)
対策1の結果、右肘の内側側副靭帯に急激な力がかからない

対策2

次の①、②を両方行う
①右肘を両肩を結ぶ線よりも低くしておく
②右肩を一度もっと下げる
対策2の結果、右肘は後半、自然と上がり、右肘の内側側副靭帯に急激な力がかからない

The Tony Saunders Tragedy
トニー・ソーンダースの悲劇

悲劇は1999年、タンパベイ・レイズに所属していた25歳の時に起こりました。
tony-saunders-arm
saunders-injury

In the third inning of his next start, Saunders delivered a pitch to Rafael Palmeiro. Something was clearly wrong. The pitch was way off-line, turning into a wild pitch that allowed a run to score. But that was not why the entire stadium went silent. Saunders let out a scream as he fell to the ground. His left arm had snapped when he threw the pitch. His arm was broken. He would never appear in another major league game.
次の登板の3回、ラファエル・パルメイロへの投球時、明らかに何かが変でした。その投球はコースを外れ、ワイルドピッチになり、得点を許しました。しかし、それが、球場全体が静まり返った理由ではありませんでした。ソーンダースは地面に倒れる際に悲鳴を上げたのでした。彼はその一球を投げる際に腕が反り返ってしまったのです。彼の腕は折れました。その後、大リーグで登板することは一度もありませんでした。

Saunders eventually recovered and took a mound again in a rehab assignment in June of 2000. His first 3 starts came and went without a problem. But in his 4th start, it happened again. Saunders somehow broke his arm again. That was it for him. Saunders retired in a teary press conference later that year. For the next five years, the Rays annually gave out the Tony Saunders award for courageous athletes.
ソーンダースは結果的に復活し、2000年の6月にリハビリの一環として再び登板しました。最初の3回の登板は問題なく終わりました。しかし、4度目の登板の際に、悲劇が再び起こりました。ソーンダースは再び腕を骨折したのです。それで万事休すでした。その年の終わりに涙の記者会見をし、引退しました。その後、5年間レイズは勇気あるスポーツマンにトニー・ソーンダース賞を提供しました。

投球フォームの欠点
tony-saunders-arm-wrist-snaptony-saunders-arm-break-how

①手首が手の平側に折れ曲がっている
②その状態から、ノックをするように手首を返す
③上腕骨をねじるトルクが発生
④結果:上腕骨が骨折

down

コメントする

Count per Day

  • 685現在の記事:
  • 10184総閲覧数:
  • 50今日の閲覧数:
  • 4903総訪問者数:
  • 28今日の訪問者数:
  • 51一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年10月27日201610.27:

カテゴリー


UA-86101889-1